ゴールド(金)のヒストリー

ゴールド1

ゴールド2

■ゴールド(金)という金属
柔らかく、優艶な光沢を持つゴールド(金)は人類が古くからその価値を認めてきた貴金属である。日本では「黄金/コガネ」と呼ばれ黄色い金属として扱われてきた。単体で産出される金はそのまま装飾品などに使用出来る為、多くの時代で様々な装飾品に使用されて来た長い歴史をもつ。最も薄く伸ばすことが出来る金属である性質から平面上に伸ばし金箔として装飾品はもちろん建造物など支配階級、富裕階級の様々な物に施されてきた歴史を持つ。

 

ゴールド3

■ゴールドアクセサリー(宝飾品)
ゴールド(金)は精錬が必要な鉄などの金属よりも早く人類に使用された金属とされていて、あらゆる時代の装飾品の代表的かつ最も価値のある材料とされてきた。金メッキなどで使用される事も多いが、使用する量で価値が大きく変わる為すべてを金で精製した物との価値は大きく異なる。金は24分率で表され24金が純金でアクセサリーなどを精製するには柔らかすぎる為に他の金属を混ぜ使用する。その含有率こそが18金、10金などの呼び名で18金は24金に対して18/24の割合なので75%が純金、10金は10/24の割合なので約42%が純金と言う事になる。またシルバーに比べ比重で1.5倍程度も重く、同じ形やデザインの物を精製した場合ゴールドの方が重くなる。

 

ゴールド4

■豊かさと富の象徴
金は酸化をほとんど受けない為、長い年月を経ても変化しないという性質から神秘性を持つ金属として好まれてきた。ただ産出量が非常に少量で限られていた為、貴重な金属としてその価値は高くなり、国家間の争奪紛争の原因になるほどに求められた歴史を持つ。ゴールド(金)は長い歴史の中で希少性、利用価値の高さ、世界的な固定価値など様々な優位性を持ち、支配者や富裕層に好まれ豊かさと富を象徴する貴金属となった。そして年月に左右されない付加価値が現代においてさらにその価値を高め、装飾品としても共通価値を思うままにしている。

 

ゴールド5

■ゴールド(金)の産出
ゴールド(金)は主に鉱脈や砂状の物から自然金として得られる場合がほとんどである。細粒化した金をパンニング皿の中で時間を掛けて選別しながら採取するなど熟練者でも得られる金の量がわずかで多大な労働力を使いながら少量のゴールド(金)を産出している。金額が高騰するのもこうした産出の難しさと限られた資源である為の産出量も影響している。日本でも古くは金を産出している時代があり「黄金の国」と呼ばれる記述もあったが徐々に産出量が減り今ではほとんど産出されていない。世界的に金の産出が多いのがアメリカ、オーストラリア、中国、南アフリカなどである。

 

ゴールド6

■錬金術と賢者の石
あらゆる歴史の中で絶対的な価値を持っていた金を化学的手法を用いて精錬しようとしたのが錬金術と呼ばれるものである。そして物質を金に変える事が出来る触媒となるのが賢者の石と言われていた。様々な人物によって試された錬金術だが現代の視点からは否定されている。だがこの錬金術の過程で様々な発明や発見が生み出されあらゆる化学や物理学の基礎を築く事となった。16世紀の錬金術が17世紀の自然科学を生み出したとも言われている。ゴールド(金)という物質がいかに人類の歴史に影響を及ぼしたのかが究極の金属と言われる由縁なのかもしれない。

 

anfuserogo

■アンフューズストアで扱うゴールドアクセアリー
アンフューズストアで扱うブランドもゴールドアクセサリーを展開しています。10Kや18Kなどのゴールド(金)を用いながらもファッションに合わせやすいアイテムが多く男女年代問わず着け易いです。また取扱いのあるシルバーアクセサリーはほとんどの物がゴールド(金)でのカスタムも可能です。金額は大幅に上がりますがエンゲージリングなど価値のあるアイテムとして間違いなく一生物になってくれます。

 

【「ゴールド/GOLD」の商品一覧ページは下記バナーをクリック】
ゴールド7

 

【シルバーアクセサリー通販/アンフューズストアのトップページへ】
anfuse
AnFuseStore/アンフューズストアとは高品質なシルバーアクセサリーブランドを厳選したセレクト通販サイト。手に取るような様々な視点やスタイリングなど豊富な画像はもちろん、ブランドや傑作アイテム、人気ランキングなど独自の特集コンテンツが最大の魅力です。スマートフォンやタブレットでも最適に閲覧でき、問合せはもちろん修理やアフターケアにも柔軟にご対応致しますので安心してお買い物をお楽しみください。

 

商品検索

円~
Facebookページはこちら
AnFuseのTwitterもチェック!
メールマガジンの登録はこちら
QRコードを読み取ってモバイル版ページにアクセス!